しあわせ研究所

読書体験から、新たな人生価値を見つけましょう

「老後不安」から「老後楽しみ」へ ――「90歳までに使い切る お金の賢い減らし方」を読んで

こんにちは、この記事では、経済コラムニストの大江英樹さんの著書「90歳までに使い切る お金の賢い減らし方 (光文社新書)」を紹介します。


この本は、お金に対する日本人の誤った認識や過剰な不安を払拭し、お金の本質を掘り下げ、人生を豊かに生きるための具体的な「お金の使い方」の考え方を示してくれます。私はこの本を読んで、お金に対する考え方や行動が大きく変わりました。この本を読んだら、あなたも同じように感じるかもしれません。


では、具体的にどんな本なのでしょうか。まずは、本の内容や構成を要約して紹介します。

本の内容と構成

この本は、以下の5つの章から構成されています。

  • 第1章 ホンネ、タテマエ、そして勘違い ――日本人のお金観と歪んだ認識を考える
  • 第2章 お金について少しだけ深く考えてみよう ――お金の歴史とお金の持つ役割
  • 第3章 〝お金を増やしたい〟という呪縛 ――お金の増やし方の決定的な間違い
  • 第4章 お金の使い方、減らし方 ――お金を使って豊かになる
  • 第5章 お金よりも大切なもの ――お金に人生を支配されないために


第1章では、日本人が抱く「老後不安」という物語や、「貯める・増やす」という呪縛について分析し、それらがどれだけ非合理的で不幸にするかを示しています。また、日本人が死ぬ時に一番お金を持っているという事実や、世界で最も貯蓄率が高い国であることも紹介しています。


第2章では、お金とは何かという基本的な問いに答えるために、お金の歴史やお金が持つ3つの役割(交換手段・価値尺度・価値保存)について解説しています。また、現代社会で起こっているデフレーションやインフレーションという現象や、マイナス金利や仮想通貨という新しい動きについても触れています。


第3章では、お金を増やすことが目的化されている現状に疑問を投げかけています。投資や資産運用という言葉が流行っていますが、それらは本当に必要なことなのでしょうか。また、投資や資産運用に関する情報やサービスが氾濫していますが、それらは信頼できるものなのでしょうか。この章では、投資や資産運用に関する常識や迷信を暴露し、その裏側に隠された真実や危険性を明らかにしています。


第4章では、お金を使うことがどれだけ重要で有意義なことかを説得力あるデータや事例で示しています。お金は使ってこそ価値が発揮されるものであり、使わないで貯め込むことは無駄であり、自分や社会にとってもマイナスになることを説明しています。また、お金の使い方にはコツがあり、自分や他者の幸福感を高めるような使い方をすれば、お金の効用が最大化されることを教えてくれます。


第5章では、お金よりも大切なものについて考えさせてくれます。お金はあくまで手段であり、目的ではありません。お金に人生を支配されないためには、自分の価値観や目標を明確にし、お金以外のものにも注目することが必要です。この章では、お金よりも優先すべきものとして、時間、信用、健康、幸福感などを挙げています。


以上が、本書の内容と構成の概要です。次に、本書の長所や魅力を紹介します。

本書の長所と魅力

この本を読んで良かったと感じた点を以下にあげてみます。

  • **著者の豊富な経験と知識**

著者は経済コラムニストであり、大手証券会社で個人資産運用や企業年金制度のコンサルティングなどに従事してきました。また、CFPや1級ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格も持っています。この本では、著者が長年にわたって培ってきた経験と知識を惜しみなく披露してくれます。読者は、著者の信頼性や専門性に感服しながら、お金に関する深い洞察や有益なアドバイスを得ることができます。

  • **わかりやすい説明と具体例**

この本は、お金に関する難しい概念や用語をわかりやすく説明してくれます。また、具体的な数字やデータ、事例やエピソードを多く用いて、理解しやすくしてくれます。読者は、お金の歴史や役割、現代社会で起こっている現象や動きなどをイメージしやすくなります。また、自分の状況や目標に応じて、参考になる情報やヒントを見つけることができます。

  • **挑発的で刺激的な主張**

この本は、お金に対する日本人の常識や迷信を徹底的に批判し、新しい視点や考え方を提案してくれます。読者は、「老後不安」という物語や、「貯める・増やす」という呪縛から解放され、「使う・減らす」という発想に切り替えることができます。また、「お金は支配してこそ役に立つ」というメッセージに共感し、「お金よりも大切なもの」に気づくことができます。

  • **人生観や価値観に影響を与える内容**

この本は、単にお金の知識や技術を教えてくれるだけでなく、人生観や価値観にも深く影響を与えてくれます。読者は、お金とは何か、お金と自分とはどういう関係なのか、お金と幸せとはどういう関係なのか、といった根源的な問いに向き合うことになります。また、自分の人生の目的や方向性を見つめ直し、自分らしい生き方を模索することになります。この本は、お金だけでなく、人生そのものについて考えさせてくれる本です。


以上が、本書の長所や魅力の紹介です。最後に、本書の評価やおすすめ度を伝えます。

本書の評価とおすすめ度

私はこの本を読んで、たいへん参考になりました。私はこれまで、お金に対して無関心であり、貯めることも増やすこともしないタイプでした。しかし、この本を読んで、お金に対する認識や態度が大きく変わりました。私は、お金を使って自分や他者の幸せを高めることができるということを学びました。また、お金よりも大切なものに気づきました。私は、時間や信用や健康や幸福感などを大切にし、自分の人生を豊かにすることを決意しました。


この本は、私だけでなく、多くの人に役立つと思います。特に、以下のような人におすすめします。

  • お金に対して不安や迷いがある人
  • お金に対して興味があるが知識が足りない人
  • お金に対して無関心や否定的な人
  • お金だけではなく人生そのものについて考えたい人


この本は、下記のリンクで購入できます。


以上が、「90歳までに使い切る お金の賢い減らし方 (光文社新書)」の紹介記事です。この記事があなたの参考になれば幸いです。この本を読んで、あなたもお金と人生について考えてみてください。