しあわせ研究所

読書体験から、新たな人生価値を見つけましょう

お金持ちの秘密を知りたいなら、この本を読んでみて!「1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました」の感想とおすすめポイント

こんにちは。今回は、私が最近読んで感動した本、「1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました」(トマス・J・スタンリー著)についてご紹介したいと思います。

この本は、アメリカの富裕層研究の第一人者であるスタンリー博士が、純資産100万ドル(約1億1000万円)以上のアメリカの富裕層1371人にインタビューとアンケートを行った結果をもとに、現実的に1億円貯める方法を教えてくれる本です。

私は、この本を読んで、お金の貯め方や使い方について、今までとは全く違う視点や考え方を学ぶことができました。

この本は、お金持ちになりたい人はもちろん、お金に関する悩みや不安を抱えている人、自分のライフスタイルや価値観に合った幸せな暮らしをしたい人にもおすすめです。

では、具体的にどんなことが書かれているのか、私が感銘を受けたポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

お金持ちとはどんな人たちなのか?


まず、この本では、「お金持ち」という言葉の定義が明確にされています。

お金持ちとは、単に高収入者や高消費者ではなく、資産家や節約家と呼ばれる人たちです。

つまり、収入よりも支出を抑えて資産を増やすことができる人たちです。

この本では、そうしたお金持ちたちの特徴や習慣が詳しく分析されています。

例えば、


  • お金持ちは、自分でビジネスを始めたり、需要のある職業に就いたりして収入源を確保しています。
  • お金持ちは、自分の時間やエネルギーを有効に使って投資や教育に投資しています。
  • お金持ちは、自分の住む場所や車や服などの消費品にはあまりこだわらず、必要最低限のもので満足しています。
  • お金持ちは、親から経済的援助を受けずに自立しています。
  • お金持ちは、家族と協力して節約や資産形成を行っています。


これらの特徴や習慣は、私たちが普段イメージするような豪華絢爛な暮らしとはかけ離れています。

しかし、この本では、そうした地味で質素な暮らしが、実はお金持ちになるための最も重要な要素であることが説明されています。

お金持ちになるためにはどうすればいいのか?


では、私たちはどうすればお金持ちになれるのでしょうか?

この本では、お金持ちになるためには、以下の7つの法則を守ることが必要だと言っています。

  • 1.自分の収入に見合った生活水準を決める
  • 2.自分の支出を計画的に管理する
  • 3.自分の収入の一部を貯蓄や投資に回す
  • 4.自分の財務状況を定期的に見直す
  • 5.自分の目標や夢を明確にする
  • 6.自分の能力や知識を高める
  • 7.自分の幸せや成功を他人と比べない


これらの法則は、一見すると当たり前のことのように思えますが、実際に実践するのはなかなか難しいものです。

私も、この本を読む前は、自分の収入や支出をあまり気にせずに生活していました。

しかし、この本を読んでからは、自分の財布や口座の中身をよくチェックするようになりました。

また、自分が本当に必要なものとそうでないものを見極めて、無駄遣いを減らすように心がけるようになりました。

さらに、自分が将来どんな暮らしをしたいか、どんな目標や夢を持っているかを考えて、それに向けて貯蓄や投資を計画するようになりました。

これらの変化は、私のお金への意識や関係性を大きく改善してくれました。

私は、お金が貯まるだけでなく、お金がもたらす幸せや自由も感じるようになりました。

この本はこんな人におすすめです


この本は、私が今まで読んだ中で最も衝撃的で目からウロコだった本です。

この本は、以下のような人に特におすすめです。

  • お金持ちになりたいけど、どうすればいいかわからない人
  • お金に関する悩みや不安を抱えている人
  • 自分のライフスタイルや価値観に合った幸せな暮らしをしたい人
  • お金の貯め方や使い方について新しい視点や考え方を学びたい人

もちろん、これら以外の人でも、この本から多くのことを学ぶことができます。

この本は、お金に関する常識や思い込みを覆すような内容が満載です。

私は、この本を読んで、自分のお金の価値観や目標を見直すきっかけになりました。

また、この本を読んでからは、お金持ちになるために必要な行動や習慣を身につけるように努力しています。

私は、この本を読むことで、お金との上手な付き合い方や幸せな暮らし方を学べたと感じています。


この本は下記リンクから購入できます


アンガーマネジメント超入門―怒りの感情と上手に付き合う心のトレーニング

こんにちは。今回は、怒りの感情と上手に付き合う方法を教えてくれる本、「アンガーマネジメント超入門 「怒り」が消える心のトレーニング [図解]」安藤俊介著、ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)を紹介します。

この本は、日本におけるアンガーマネジメントの第一人者である安藤俊介氏が、怒りをコントロールする技術をわかりやすく図解やマンガで解説した一冊です。

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで生まれた怒りの感情と上手に付き合うための心のトレーニンです。

この本を読めば、怒りをコントロールすることで、人生のあらゆる場面で好循環が生まれることがわかります。


私はこの本を読んで、自分の怒りの原因やパターンを見つけることができました。

また、怒りを収める対処法や、怒らない自分をつくる習慣、ムダに怒らない人になる心の持ち方なども学びました。

この本は、仕事や家庭、人間関係などでイライラすることが多い人や、自分の感情をコントロールしたい人におすすめです。


この記事では、この本の内容や感想を詳しく紹介します。

また、著者のインタビュー記事も参考にして、著者が伝えたいメッセージや思いもお伝えします。

この記事を読んで、あなたもアンガーマネジメントの技術を身につけて、怒りと上手に付き合ってみませんか?

本書の構成


本書は以下のような構成になっています。

  • プロローグ:人生をイージーモードで生きるために
  • 第1章:とっさの怒りを切り抜ける7つの対症療法
  • 第2章:怒らない自分をつくる9つの習慣
  • 第3章:ムダに怒らない人になる心の持ち方
  • 第4章:上手な怒り方7つのルール
  • 付録:実生活に役立てるアンガーマネジメント

各章では、図解やマンガで具体的な事例や方法が紹介されています。

また、章の頭と最後にチェックリストがあります。

これらは自分自身を振り返ったり、実践したりする際に役立ちます。

本書から学べること


本書から学べることはたくさんありますが、私が特に印象的だったことは以下の通りです。


怒りの感情は、自分の価値観や信念に反することが起こったときに生じるものです。

自分のコアビリーフ(核となる信念)を見直すことで、怒りの原因を理解できます。


・怒りの感情は、自分の身体にも影響を与えます。

怒りが高まると、血圧や心拍数が上がり、ストレスホルモンが分泌されます。

これは、身体を守るための本能的な反応ですが、長期的には健康に悪影響を及ぼします。

怒りをコントロールすることで、身体の負担を減らすことができます。


・怒りの感情は、自分の行動や判断にも影響を与えます。

怒りが高まると、感情的になり、冷静さや客観性を失います。

これは、人間関係や仕事においてトラブルや失敗の原因になります。

怒りをコントロールすることで、より良い選択や対応ができます。


・怒りの感情は、自分の幸せにも影響を与えます。

怒りが高まると、ネガティブな思考や感情が増え、自己肯定感や自信が低下します。

これは、自分の人生に対する満足度や幸福度を下げます。

怒りをコントロールすることで、ポジティブな思考や感情が増え、自分の人生を楽しむことができます。

本書から得た気づきや変化


本書を読んで私が得た気づきや変化は以下の通りです。


・自分の怒りのパターンを知ることができました。

私は、「べきログ」で自分のコアビリーフを確認することで、自分がどんなことに対して怒りやすいかを見つけることができました。

例えば、

「人は約束を守るべきだ」
「仕事は完璧にやるべきだ」
「家族は助け合うべきだ」

というような信念が私の怒りの原因でした。

これらは私にとって大切な価値観ですが、他人にも同じように求めてしまうことで、ストレスや不満を感じていました。


・自分の怒りを収める方法を学ぶことができました。

私は、

6秒ルール」で怒りのピークをやりすごす方法や、
「今・この場所」に意識を集中させる方法

などを試してみました。

これらは、怒りの感情が高まったときにすぐに使える簡単な方法ですが、効果的に怒りを落ち着かせることができました。


また、「私」を主語にする方法も役立ちました。

これは、相手に非難や責任転嫁をしないで、自分の気持ちや要望を伝える方法です。

これによって、相手とのコミュニケーションがスムーズになりました。


・自分の怒らない習慣をつくることができました。

私は、「ハッピーログ」で小さな幸せを書き留める習慣を始めました。

これは、日々の中で感じた嬉しいことや楽しいことをメモする習慣です。

これによって、自分の人生に対する感謝や満足感が高まります。

また、「自分のためになることをする」や「自分の好きなことをする」などの自己肯定的な習慣も取り入れました。

これらは、自分の価値観や目標に沿って行動することで、自分の人生をコントロールできるという感覚を強めます。

これらの習慣を続けることで、私は怒りに振り回されない自分になれました。

本書の背景や著者について


本書の著者である安藤俊介氏は、日本におけるアンガーマネジメントの第一人者です。

彼は、アメリカでアンガーマネジメントの資格を取得し、日本で初めてアンガーマネジメントの教育や研究を行いました。

彼は、多くの企業や団体、個人に対してアンガーマネジメントの指導やコンサルティングを行っています。また、著書やメディア出演も多数あります。


彼は、インタビュー記事で、自身がアンガーマネジメントに興味を持ったきっかけや、本書を執筆した目的や思いを語っています。

彼は、若い頃に自分の怒りに悩んでいたことや、アメリカでアンガーマネジメントを学んだことで自分が変わったことを明かしています。

彼は、本書を通して、日本人が怒りの感情と上手に付き合う方法を知ることで、より幸せな人生を送れるようになることを願っています。

まとめ


以上が、「アンガーマネジメント超入門 「怒り」が消える心のトレーニング [図解]」(安藤俊介著)の内容や感想です。

この本は、怒りの感情と上手に付き合う方法をわかりやすく図解やマンガで解説した一冊です。

この本を読めば、怒りをコントロールすることで、人生のあらゆる場面で好循環が生まれることがわかります。


私はこの本を読んで、自分の怒りの原因やパターンを見つけることができました。

また、怒りを収める対処法や、怒らない自分をつくる習慣、ムダに怒らない人になる心の持ち方なども学びました。

この本は、仕事や家庭、人間関係などでイライラすることが多い人や、自分の感情をコントロールしたい人におすすめです。

この本は、下記リンクから購入できます。あなたもぜひこの本を読んでみてください。あなたの人生がより良くなることを願っています。


[rakuten:book:19323067:detail]

自分の心に向き合う「書く瞑想」のすごさ!1日15分で自分の欲求や価値観が明確になる

こんにちは、このブログでは、自分の読んだ本の感想やおすすめを紹介しています。今回は、『書く瞑想 1日15分、紙に書き出すと頭と心が整理される』(古川武士 著、ダイヤモンド社)という本を読んでみました。

この本は、書くことを通じて自分の心や感情に向き合い、自分らしい人生をシンプルに送るための方法を教えてくれる本です。

私はこの本を読んで、自分の中にある様々な思いや感情を言葉にすることの大切さや効果を実感しました。

この本は、書くことが苦手な人でも簡単に実践できる「書く瞑想」というメソッドを紹介しています。

このメソッドは、1日15分、紙とペンを用意して、今感じているマイナス・プラスそれぞれの感情をひたすら書き出すというものです。

書くことで、心の中にあるもやもやや不安が浄化されていきます。

また、自分の欲求や価値観、願望なども明確になっていきます。

この記事では、この本の内容や感想を詳しく紹介していきます。

この本を読んで、自分の心と向き合いたい人や、自分らしい人生を送りたい人におすすめです。

この本の内容


この本は、「書く瞑想」というメソッドを中心に構成されています。「書く瞑想」は、次のような手順で行います。


1. 紙とペンを用意する
2. タイマーを15分にセットする
3. 今感じているマイナスの感情(怒り・悲しみ・不安・恐れ・嫉妬・後悔など)を思いつくままに書き出す
4. タイマーが鳴ったら一旦止める
5. 今感じているプラスの感情(喜び・幸せ・愛・感謝・希望・信頼など)を思いつくままに書き出す
6. タイマーが鳴ったら終了する


このメソッドは、「放電」「充電」の2つのプロセスからなります。

「放電」では、マイナスの感情を書き出すことでストレスや不満を解放します。

「充電」では、プラスの感情を書き出すことでポジティブな気持ちやエネルギーを得ます。

この2つのプロセスを繰り返すことで、心がバランスよく整っていきます。


「書く瞑想」では、次のようなポイントに注意します。

  • 書くことばは検閲しない
  • 書く速度は速めにする
  • 書く内容は誰にも見せない
  • 書く内容は捨ててもよい

これらのポイントは、「書く瞑想」が思考ではなく感情にフォーカスすることを意味します。

思考に頼らずに内臓感覚にアクセスして、心から湧き上がってくる言葉を芋づる式に連想ゲーム的に言葉を出していきます。

これにより、自分の本当の気持ちや欲求、価値観、願望などが見えてきます。


この本では、「書く瞑想」のほかにも、次のようなトピックが紹介されています。

  • 書くことの科学的な効果とメカニズム
  • 書くことで自分の感情や思考を客観的に観察する方法
  • 書くことで自分の人生の物語を作り直す方法
  • 書くことで自分の人生の目標やビジョンを明確にする方法
  • 書くことで自分の人生に意味や価値を見出す方法

これらのトピックは、書くことが自分の心や人生にどのような影響を与えるかを具体的に説明しています。

書くことは、自分と向き合うだけでなく、自分を変えることもできるというメッセージが伝わってきます。

この本の感想


私はこの本を読んで、書くことの力に感動しました。


私はもともと書くことが好きで、日記やブログなどを書いていましたが、この本を読んでからは、「書く瞑想」を毎日実践するようになりました。

その結果、次のような変化がありました。

  • 自分の感情や気持ちに敏感になった
  • 自分の欲求や価値観、願望が明確になった
  • 自分の行動や思考パターンに気づいた
  • 自分の人生の物語や目標、ビジョンが描けるようになった
  • 自分の人生に意味や価値を感じるようになった


「書く瞑想」は、自分の心を整理するだけでなく、自分の人生を整えることもできるということを実感しました。

書くことで、自分の中にあるものを言葉にすることで、それが現実化する力があるということです。

書くことで、自分の人生を自分らしく創造することができるということです。


この本は、書くことが苦手な人でも簡単に実践できる「書く瞑想」というメソッドを紹介しています。

このメソッドは、1日15分、紙とペンを用意して、今感じているマイナス・プラスそれぞれの感情をひたすら書き出すというものです。

書くことで、心の中にあるもやもやや不安が浄化されていきます。また、自分の欲求や価値観、願望なども明確になっていきます。

この本の著者


この本の著者は古川武士さんです。古川さんは、「習慣化コンサルタント」として5万人以上を変えた実績を持つプロです。

古川さんは、「書く瞑想」を10年以上続けており、その経験からこの本を執筆しました。

古川さんは、「書く瞑想」が自分の心や人生に与えた影響や効果を次のように語っています。



「私は『書く瞑想』を始めてから10年以上、自分の心や人生に多くの変化がありました。

『書く瞑想』は、自分の感情や思考を客観的に観察することで、自分の本質や本音に気づくことができます。

また、自分の人生の物語や目標、ビジョンを書くことで、自分の人生を自分らしく創造することができます。

私は『書く瞑想』を通じて、自分の人生に意味や価値を見出すことができました。

この本では、私の『書く瞑想』の経験やノウハウを分かりやすく伝えています。

この本を読んで、あなたも『書く瞑想』を始めてみませんか?」

この本を読んでみたいと思った人へ


この本は、書くことが苦手な人でも簡単に実践できる「書く瞑想」というメソッドを紹介しています。

このメソッドは、1日15分、紙とペンを用意して、今感じているマイナス・プラスそれぞれの感情をひたすら書き出すというものです。

書くことで、心の中にあるもやもやや不安が浄化されていきます。

また、自分の欲求や価値観、願望なども明確になっていきます。


この本は、自分の心と向き合いたい人や、自分らしい人生を送りたい人におすすめです。

この本を読んで、「書く瞑想」を実践することで、あなたも自分の心や人生に多くの変化が起こることでしょう。


この本は、下記リンクから購入できます。

この本を読んだ感想や感動した点などもぜひコメント欄にお寄せください。私もあなたの声を聞きたいです。



不平等とイデオロギーの歴史的かつ現代的な分析と提案が詰まったトマ・ピケティによる一冊「自然、文化、そして不平等」

この記事は、トマ・ピケティの著書「自然、文化、そして不平等 ―― 国際比較と歴史の視点から」について紹介します。

この本は、不平等とイデオロギーの関係を世界史の視点から分析し、現代社会の問題点と提案を示す力作です。

この記事では、本の内容や感想、評価を詳しく説明し、なぜこの本がベストセラーになっているのかを分析します。

この本を読むことで、あなたも自分自身のイデオロギーを見直し、歴史や社会に対する新たな視点や理解を得ることができるでしょう。

本の内容と感想


この本は、トマ・ピケティが2019年に出版した「資本とイデオロギー」の前半部分を短縮してまとめたものです。

ピケティは、「資本主義、社会主義植民地主義共産主義などの経済制度とイデオロギーの変遷を世界史の視点から分析し、不平等の歴史的な根源と現代的な問題点を浮き彫りにする」という目的でこの本を書きました。


本書は以下のような構成になっています。


第1章では、「不平等は自然発生したわけではなく、人間の選択や社会的な相互作用によって形成されたものである」という命題を提示します。

そして、不平等の歴史的な変化や現代的な実態を示すために、所得や資産の分布や動向に関する豊富な統計データとグラフを紹介します。


第2章では、「不平等はイデオロギーによって正当化される」という命題を提示します。

そして、各時代や地域の経済制度や政策がどのように不平等を生み出したり是正したりしたかを説明します。

また、文学作品や政治家のエッセイなどを引用して、人々が同時代の不平等をどう評価したかを解釈します。


第3章では、現代社会における不平等は過去と異なる特徴を持つ」という命題を提示します。

そして、グローバル化や技術革新がもたらした新たな不平等の形態や課題について考察します。

また、現代社会におけるイデオロギーの多様性や複雑性についても言及します。


第4章では、現代社会における不平等は政治的に是正できる」という命題を提示します。

そして、「参加型社会主義」という新たな経済システムを提唱し、平等、社会的財産、教育、知識と権力の共有というイデオロギーに基づいた政策を展開します。


私はこの本を読んで、とても感動しました。不平等とイデオロギーに関する歴史的かつ現代的な分析と提案が、私の考え方やモノの見方を変えてくれました。以下に、私が特に印象に残った点を紹介します。


・本書は、資本主義、社会主義植民地主義共産主義などの経済制度とイデオロギーの変遷を世界史の視点から分析しています。

私はこれまで、これらの制度やイデオロギーは自然なものだと思っていましたが、本書を読んで、それらは人間の選択や社会的な相互作用によって形成されたものであることを知りました。

これは私にとって衝撃的でした。私は歴史や社会に対する新たな視点や理解を得ることができました。


・本書は、各国や地域の所得や資産の分布や動向を豊富な統計データとグラフを用いて示しています

私はこれらのデータを見て、不平等の実態や要因を科学的に検証することができました。

これは私にとって有益でした。私は不平等に対する客観的な評価や批判的な態度を持つことができました。


・本書は、現代の政治や社会に対して、批判的でありながらも建設的な提案を行っています。

具体的には、「参加型社会主義」という新たな経済システムを提唱し、平等、社会的財産、教育、知識と権力の共有というイデオロギーに基づいた政策を展開しています。

本の背景と著者


この本の著者はトマ・ピケティです。彼は1971年生まれのフランスの経済学者で、パリ経済学校と社会科学高等研究院の教授です。

彼は2013年に出版した「21世紀の資本」で世界的な名声を得ました。

この本では、資本主義世界が自然発生的に格差を生み出す可能性があることを実証し、国境を越えた資産への累進課税制度の導入を訴えました。


この本は、「21世紀の資本」の続編とも言える作品です。

ピケティは、「21世紀の資本」では不平等のメカニズムや現状について述べたが、不平等がどうして起こるのか、どうすれば改善できるのかについて十分に説明できなかったと感じたそうです。

そこで彼は、「不平等は政治的につくられたものだ」という視点から、歴史や社会における不平等とイデオロギーの関係をさらに深く探求しようと決めたそうです。


この本は2019年9月にフランス語版が出版されました。その後2020年3月に英語版が出版されました。

この本は世界中で高い評価を受けており、多くのメディアや専門家から絶賛されています。

例えば、ニューヨーク・タイムズ紙は、「ピケティは不平等の歴史と未来に関する最も重要な思想家の一人だ」と評しました。

また、ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンは、「ピケティは不平等に関する最も野心的で包括的な研究を行った」と述べました。

なぜこの本がベストセラーになっているのか


この本がベストセラーになっている理由はいくつかありますが、私は以下の三つが特に重要だと考えます。


・第一に、この本は不平等という現代社会における最も深刻な問題に対して、歴史的かつ科学的な分析と提案を行っています。

不平等は多くの人々が直面している現実であり、その原因や解決策に関心が高いです。

この本はその関心に応えるだけでなく、新たな視点や知識を提供してくれます。


・第二に、この本は読みやすくわかりやすいです。


ピケティは難解な専門用語や数式を避けて、平易な言葉や図表で説明しています。

また、文学作品や政治家のエッセイなどを引用して、不平等とイデオロギーの関係を具体的に示しています。

これらの工夫によって、読者は本書の内容に興味を持ちやすくなります。


・第三に、この本は読者にアクションを促します。

ピケティは単に不平等の問題を指摘するだけでなく、「参加型社会主義」という新たな経済システムを提唱し、具体的な政策を展開しています。

これは読者に対して、自分自身のイデオロギーを見直し、より良い社会を目指すことを求めています。

この本は読者にとって、単なる知識の提供ではなく、行動のきっかけになるのです。

まとめ


この記事では、トマ・ピケティの著書「自然、文化、そして不平等 ―― 国際比較と歴史の視点から」について紹介しました。

この本は、不平等とイデオロギーの関係を世界史の視点から分析し、現代社会の問題点と提案を示す力作です。

この本は世界中で高い評価を受けており、ベストセラーになっています。

この本を読むことで、あなたも自分自身のイデオロギーを見直し、歴史や社会に対する新たな視点や理解を得ることができるでしょう。


この本は以下のリンクから購入できます。不平等とイデオロギーに関心のある方はぜひ読んでみてください。



イーロン・マスク:夢と現実をつなぐリーダー 〜テクノロジーとビジネスで挑む人類の未来〜

こんにちは、このブログでは、私が読んだ本の感想やおすすめを紹介しています。

今回は、ウォルター・アイザックソン著のイーロン・マスクという本について書きたいと思います。

この本は、現代の最も革新的で先見的なリーダーの一人であるイーロン・マスクの人生とビジョンを描いた伝記です。

私はこの本を読んで、マスクの物語に感動し、彼の思想や行動に刺激されました。

この本は、テクノロジーやビジネスに興味がある人はもちろん、人類の未来や地球の環境に関心がある人にもおすすめです。

本書の内容と構成


本書は、以下のように4つの部分に分かれています。

第一部「人間」


マスクの幼少期から現在までのエピソードやエモーションが生き生きと描かれています。

彼は自分の世界を作るために本やコンピューターに没頭し、常に新しいことに挑戦する姿勢を身につけました。

彼は自分の興味や好奇心を追求することで、多くの知識やスキルを獲得しました。

自分が変えたいと思うことに対して、情熱的に取り組みました。

自分の夢を実現するために、リスクを恐れず、困難に立ち向かいました。

自分の信念を貫くために、常識にとらわれず、変化を求めました。

第二部「ビジョン」


マスクのビジョナリーな思想や野望が分かりやすく解説されています。

彼は人類の未来や地球の環境などについて深く考えており、それらを実現するためにテクノロジーやビジネスを使っています。

地球を救うために電気自動車や太陽光発電などのエコロジー技術を推進し、人類を宇宙種にするために火星移住計画やスターリンクなどの宇宙開発プロジェクトを進めています。

自分のビジネスを単なる金儲けではなく、社会的な使命として捉えています。

自分の理想や野望を実現するために、工学、デザイン、ビジネスのスキルを組み合わせて画期的な製品やサービスを創造しています。

第三部「イノベーション


マスクの破壊的なイノベーションや戦略が具体的な事例やデータで裏付けられています。

彼は自分の会社の技術や特許をオープンソース化したり、自分の資産を投資したりして、イノベーションを加速させています。

既存の産業や競合他社に挑戦し、新しい市場や需要を創出しています。

自分の会社の文化や組織を革新的に作り上げ、優秀な人材を集めています。

自分の会社の製品やサービスを常に改善し、高い品質と安全性を追求しています。

第四部「評価」


マスクの強みや弱み、成功や失敗、夢や現実などがバランスよく提示されています。

彼は多くの人々に賞賛されると同時に、批判や反発も受けています。

自分のプロジェクトが持つ技術的・社会的な意義や影響について、議論や対話を呼び起こしています。

自分の人間性や感情についても率直に語っています。

本書から学んだこと


私はこの本を読んで、以下のようなことを学びました。

・まず、マスクの子ども時代について知ることができました。

南アフリカでいじめられたり、暴力的な父親に苦しんだりした経験が、彼の性格やモチベーションにどのように影響したのかが分かります。

彼は自分の世界を作るために本やコンピューターに没頭し、常に新しいことに挑戦する姿勢を身につけました。彼の苦悩や葛藤を読んで、彼の人間性に共感することができました。


・次に、マスクのビジョナリーな思想に触れることができました。

彼は地球を救うために電気自動車や太陽光発電などのエコロジー技術を推進し、人類を宇宙種にするために火星移住計画やスターリンクなどの宇宙開発プロジェクトを進めています。

彼は自分のビジネスを単なる金儲けではなく、社会的な使命として捉えています。彼の理想や野望を読んで、彼の情熱やカリスマ性に感銘を受けました。


・そして、マスクの破壊的なイノベーションに学ぶことができました。

彼はテスラやスペースXなどの会社を創業し、既存の産業や競合他社に挑戦しています。

彼は自分の会社の技術や特許をオープンソース化したり、自分の資産を投資したりして、イノベーションを加速させています。

彼はリスクを恐れず、常識にとらわれず、変化を求めています。彼の行動や戦略を読んで、彼の創造力や勇気に刺激されました。

本書の評価とおすすめ


私はこの本を読んで、マスクの物語に感動し、彼の思想や行動に刺激されました。

私はこの本を、テクノロジーやビジネスに興味がある人はもちろん、人類の未来や地球の環境に関心がある人にもおすすめします。

この本は、マスクが直面するテクノロジーや社会、環境、政治などの課題や問題について、深く考えさせられる本です。

この本は下記リンクから購入できます。ぜひ読んでみてください。


信長の野望と光秀の決断――安部龍太郎『真説 本能寺』で見る戦国史の謎

こんにちは。今回は、直木賞作家であり、戦国時代史に詳しい安部龍太郎さんの新書『信長の革命と光秀の正義 真説 本能寺』をご紹介します。

この本は、日本史上最大の謎とも言われる「本能寺の変について、新たな視点から考察した一冊です。

信長と光秀はどんな関係だったのか?光秀はなぜ主君を討ったのか?

信長はどんな思想や野望を持っていたのか?

これらの問いに答えるために、安部さんは豊富な資料や最新の研究成果をもとに、信長と光秀の人生や思想、行動を丁寧に分析しています。


この本を読んで感じたことは、信長と光秀は互いに理解し合おうと努めていたが、時代や環境、思想や立場の違いによって、次第にすれ違っていったということです。

信長は自らを天皇の上に置き、日本を一新する革命的な国作りを目指していましたが、それは朝廷や幕府、キリスト教など、既存の権力や価値観にとって脅威でした。

一方、光秀は信長に仕えながらも、自分の領地や家族、同盟者などを守るために、時には反抗的な態度を取ることもありました。

しかし、それは裏切りではなく、自分なりの正義だったのです。


この本では、信長と光秀がどんな人物だったかだけでなく、彼らが生きた戦国時代の社会や文化も詳しく描かれています。

例えば、信長が三職推任要求をした背景や意味、安土城から発掘された御所やキリスト教美術品の存在や役割などが興味深く紹介されています。

また、安部さん自身が現地を訪れて調査したり、専門家にインタビューしたりして得た情報も盛り込まれています。


安部さんは直木賞作家でもありますから、文章も分かりやすく読みやすいです。

登場人物や出来事が多くて混乱しそうなところも、見出しや箇条書きで要点を整理してくれています。

また、本文中には本書から引用した文章も多くありますが、それらはすべて引用元を示していますから、参考にしたい方は原文も確認できます。

この本を読んで、私は信長と光秀について新たな知識や理解を得ることができました。

また、彼らの人生や思想に触れることで、自分の価値観や行動にも影響を受けました。

信長は自分の信念を貫き、時代を変えようとした人でしたが、それは多くの人々の反発や犠牲を招きました。

光秀は自分の正義を守ろうとした人でしたが、それは最終的に主君を討つという選択に追い込まれました。

私は彼らのように、自分の信念や正義に従って生きることができるだろうか?それとも、時代や環境に合わせて妥協することが必要なのだろうか?この本を読んで、そんな問いに向き合う機会になりました。

この本は、歴史好きはもちろん、戦国時代や本能寺の変に興味のある方、信長や光秀の人物像について知りたい方、自分の信念や正義について考えたい方におすすめです。この本は下記リンクから購入できます。ぜひ読んでみてください。


明智光秀と本能寺の変――戦国最大の謎を解き明かす歴史学者の見解とは?

こんにちは。今回は、戦国時代の最大の謎とも言われる「本能寺の変」について、歴史学者渡邊大門さんが書かれた明智光秀本能寺の変をご紹介します。

この本は、明智光秀という人物の出自や経歴、そしてなぜ織田信長を裏切ったのかという動機に迫る一冊です。

さまざまな史料や諸説を検証しながら、光秀の人生と本能寺の変に至る謎を解き明かしていきます。

私はこの本を読んで、以下のようなことに感動しました。


・光秀は名門・土岐明智氏を自称しながらも、足軽衆としてキャリアをスタートしました。

その後、主君を変えながら武功を重ねて頭角を現わした「知将」でした。

信長に仕えてからも、京都や中国地方で活躍しました。

光秀の才能や功績は、信長からも高く評価されていました。

  • 本能寺の変は、突発的に起こったと考えるのが自然だと渡邊さんは主張します。

光秀が信長に対して私怨や不満を抱いていたという証拠は見当たりません。

また、朝廷や足利義昭徳川家康などの黒幕説も根拠が乏しいと指摘します。

渡邊さんは、光秀が本能寺の変を起こした理由として、信長の四国政策転換が影響した可能性を示唆します。


・光秀は本能寺の変後、山崎で羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)と戦って敗れました。

その最期は不明ですが、渡邊さんは光秀が自害した可能性が高いと推測します。

光秀は信長に忠誠を尽くした武将であり、本能寺の変は自分の意志で行ったものではなく、時代の流れに抗えなかった結果だったと考えられます。


この本を読んで、私は明智光秀という人物について新たな視点や知識を得ることができました。

また、本能寺の変という事件についても、様々な側面から考えることができました。

渡邊さんは歴史学者としてだけでなく、小説家としても活躍されています。

そのため、この本は歴史的事実だけでなく、物語としても楽しめる一冊です。


この本は、戦国時代や明智光秀に興味がある方はもちろん、歴史学の手法や思考法に触れたい方にもおすすめです。

この本は下記リンクから購入できます。ぜひ読んでみてください。