読書体験から豊かな人生を

読書体験から、新たな人生価値を見つけましょう

人の行動や意思決定を理解し、ビジネスに活かす方法を学ぶ本「行動経済学が最強の学問である」

こんにちは。今回は、行動経済学の基礎知識とビジネスへの応用を体系的に学べる本、「行動経済学が最強の学問である」(相良奈美香著)を紹介します。この本は、日本人として数少ない行動経済学の博士課程取得者であり、世界のトップ企業に行動経済学のコン…

恐怖を感じるのはなぜ?恐怖の心理学と文化学を学ぶ一冊「恐怖の正体」

こんにちは。この記事では、精神科医で作家の春日武彦さんの著書「恐怖の正体-トラウマ・恐怖症からホラーまで」(中公新書)を紹介します。 この本は、人間がなぜ恐怖を感じるのか、その心理的なメカニズムや文化的な背景を探求した一冊です。私はこの本を読…

「怪物」に出会った日 〜井上尚弥と対戦したボクサーたちの証言から見えるボクシングの奥深さと美しさ〜

こんにちは、このブログでは、ボクシングの世界で「怪物」と呼ばれる井上尚弥選手の魅力と強さに迫る本、「怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ」(森合正範著、講談社刊)を紹介します。この本は、井上選手と対戦したボクサーたちの証言をもとに、彼…

あなたも浄化できる!神人さんの「じぶんでできる浄化の本」を読んでみた感想と評価

こんにちは。この記事では、神人さんの著書「じぶんでできる浄化の本」について紹介します。この本は、自分の心と体を浄化する方法をたくさん教えてくれる本です。浄化とは、負のエネルギーや感情を取り除き、ポジティブな状態にすることです。浄化をするこ…

AI時代に生きるための教科書 堀江貴文の「ChatGPT vs. 未来のない仕事をする人たち」が教えてくれること

こんにちは、このブログでは、私が読んだ本の感想やおすすめを紹介しています。今回は、堀江貴文さんの最新刊「ChatGPT vs. 未来のない仕事をする人たち」について書きたいと思います。 この本は、ChatGPTという生成AIの躍進で、私たちの仕事や生活はどう変…

この本を読めば、あなたも「応援される人」になれる!一柳良雄の「応援される人 42の言葉」を紹介します

こんにちは。今回は、私が最近読んで感動した本をご紹介したいと思います。その本とは、一柳良雄さんの「応援される人 42の言葉」です。一柳良雄さんといえば、通商産業省に入省し、宮沢喜一、田中角栄の通商産業大臣秘書を務め、昭和の時代をつくった大物政…

今井孝の「らくらく売る人のアタマの中」でメンタルブロックを解消し、営業・集客のスキルをアップさせる方法

こんにちは。今回は、今井孝さんの「らくらく売る人のアタマの中 営業・集客の心のブレーキの外し方」(ぱる出版)という本を紹介したいと思います。 この本は、営業や集客に関する本ですが、ただ単にテクニックやノウハウを教えてくれるだけではありません…

老いることに対する幸せのレシピ「人はどう老いるのか」

こんにちは。今回は、医師で小説家でもある久坂部羊さんの「人はどう老いるのか」(講談社現代新書)を読んでみました。 この本は、老いと死について、現実的でありながらもユーモアや哲学を交えて語る一冊です。老いるということは、どういうことなのか。老…

人体のひみつや医学の発展を知る本、「すばらしい医学」の内容と感想

こんにちは。この記事では、医学の世界の魅力と奥深さを紹介する本、「すばらしい医学」(ダイヤモンド社)の内容と感想をお伝えします。この本は、現役の外科医であり、医療情報サイト「外科医の視点」を運営する山本健人さんが書いた一冊で、医学の歴史や…

お金の本質と社会の仕組みを小説で学ぶ『きみのお金は誰のため』の魅力

こんにちは、このブログにお越しいただきありがとうございます。私は本が大好きで、読んだ本の感想やおすすめを書いています。今回は、田内学さんの最新作『きみのお金は誰のため――ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」』について紹介したいと…

人間とは何かを問う旅に出よう!『言語の本質』で明らかになることばの起源と進化

こんにちは。今回は、2023年5月に発売されてから大ヒットしている『言語の本質-ことばはどう生まれ、進化したか』(中央公論新社)をご紹介します。この本は、認知科学者の今井むつみさんと言語学者の秋田喜美さんが共著で書いた、言語の謎に挑む探求の旅で…

スマホゲームやSNSが脳に与えるプラスの影響とは?スタンフォード哲学博士の『脳を活かすスマホ術』を読んでみた

スマホは現代人にとって欠かせない存在ですが、その使い方によっては脳にも良い影響を与えることができるということをご存知でしょうか?本記事では、スタンフォード哲学博士であり、全米トップクラスの高校スタンフォード・オンラインハイスクールの校長で…

自分をアップデートする方法を教えてくれる本 東浩紀さんの「訂正する力」

こんにちは。このブログでは、私が読んだ本の感想やおすすめを紹介しています。今回は、哲学者であり、株式会社ゲンロンの代表でもある東浩紀さんの最新刊「訂正する力」について書きたいと思います。「訂正する力」とは、一体何でしょうか?本書では、東さ…

日本の歴史や文化を地形と道路から読み解く本『国道16号線: 「日本」を創った道』の魅力とは?

こんにちは。このブログでは、私が読んだ本の感想やおすすめを紹介しています。今回は、柳瀬博一さんの『国道16号線: 「日本」を創った道』という本について書きたいと思います。この本は、東京の郊外をぐるりと巡る国道16号線が、日本の歴史や文化、経済に…

『北関東の異界』で知る日本の移民社会。エスニックな料理と人情に触れるルポ

こんにちは。今回は、北関東を横断する国道354号線沿いにある外国人居住地を取材したノンフィクション『北関東の異界 エスニック国道354号線 絶品メシとリアル日本』(新潮社)を紹介します。この本は、アジア専門ライターの室橋裕和さんが、群馬県高崎市か…

『人を動かすナラティブ』で学ぶ、物語や言説が人間や社会に与える影響と対処法

こんにちは。このブログでは、私が読んだ本の感想やおすすめを紹介しています。今回は、毎日新聞編集委員でジャーナリストの大治朋子さんの最新作『人を動かすナラティブ なぜ、あの「語り」に惑わされるのか』について書きたいと思います。この本は、物語や…

スマホ時代に必要な哲学とは?孤独と趣味の価値を再発見する本「スマホ時代の哲学 失われた孤独をめぐる冒険」

こんにちは。このブログでは、私が読んだ本の感想やおすすめを紹介しています。今回は、新進気鋭の哲学者・谷川嘉浩さんの著書「スマホ時代の哲学 失われた孤独をめぐる冒険」について書きたいと思います。この本は、スマホやSNSなどのデジタルメディアが私…

人生は4000週間。あなたの時間はどう使われていますか?【書評】「限りある時間の使い方」

こんにちは。今回は、全米ベストセラーになった「限りある時間の使い方」(オリバー・バークマン著、高橋璃子訳)を紹介します。この本は、タイトルの通り、人生はたった4000週間という限られた時間であるという事実に向き合い、それをどう過ごすかという問…

自己啓発本に飽きたあなたへ。『HELP! 「人生をなんとかしたい」あなたのための現実的な提案』で、幸せと仕事のバランスを見つける方法

こんにちは。今回は、ベストセラー『限りある時間の使い方』で、現代人を終わりのない生産性追求ゲームから救い出したオリバー・バークマン氏の『HELP! 「人生をなんとかしたい」あなたのための現実的な提案』を紹介します。この本は、自己啓発本の世界の“…

『ネガティブ思考こそ最高のスキル』 ポジティブ思考や効率化の罠から抜け出す方法

こんにちは。このブログでは、読書好きの私がおすすめの本を紹介しています。今回は、オリバー・バークマンさんの『ネガティブ思考こそ最高のスキル』という本について、感想やレビューをお届けします。この本は、ポジティブ思考や効率化に縛られている現代…

『新マーケティング原論』で学ぶ、時代に左右されない「売れる戦略」の作り方

こんにちは。今回は、マーケティングのプロフェッショナルである津田久資氏の『新マーケティング原論』をご紹介します。この本は、マーケティングの基本的なフレームワークやツールを、その原理や根拠にまで遡って考え直すことで、マーケティングの本質を明…

『冒険の書』で学ぶAI時代の生き方 孫泰蔵が提案する「アンラーニング」とは?

こんにちは。このブログでは、私が読んだ本の感想やおすすめを紹介しています。今回は、起業家である孫泰蔵さんの最新刊『冒険の書 AI時代のアンラーニング』について書きたいと思います。この本は、AI(人工知能)が急速に発展する中で、私たちがどのように…

「発達障害の人の見ている世界」とは?精神科医が教える理解と対応の方法

こんにちは。今回は、発達障害の人が見ている世界を紹介する本、「発達障害の人が見ている世界」(岩瀬利郎著)をご紹介します。発達障害と聞くと、どんなイメージを持ちますか?「空気が読めない」「感じが悪い」「変わっている」といったネガティブな印象…

『「読まなくてもいい本」の読書案内』で知のパラダイムシフトに備えよう!複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、功利主義の5つのキーワードを解説

こんにちは。今回は、私が最近読んで感動した本を紹介したいと思います。その本とは、橘玲さんの『「読まなくてもいい本」の読書案内』です。 この本は、知のパラダイムシフトが起きた現代において、どのような本を読むべきか、どのような本を読まなくてもい…

人生をゲームに例えて教えてくれる、橘玲の『人生は攻略できる』の魅力

こんにちは、この記事では、橘玲さんの著書「人生は攻略できる」についてご紹介します。この本は、若者向けに書かれた新時代の人生戦略本です。人生というゲームを攻略するために必要なのは、お金、仕事、人間関係という3つの資本をバランスよく築くことだと…

『小さいことにくよくよするな!』で学ぶストレスフリーな生き方

こんにちは、このブログでは、私が読んだ本の感想やおすすめを紹介しています。今回は、リチャード・カールソンさんの『小さいことにくよくよするな!』という本について書きたいと思います。この本は、日常生活で起こるさまざまなストレスや悩みに対して、…

『理想の自分をつくる100の法則』を読んで自分の可能性を広げる方法

こんにちは。この記事では、ティボ・ムリスさんの著書『理想の自分をつくる100の法則』について紹介します。この本は、人生のどの分野でも成功を収める可能性を飛躍的に高める100の法則を紹介しています。私はこの本を読んで、自分の強みや価値観を見…

勉強が嫌いな人のための『勉強麻薬』 4つのステップで勉強に依存するようになる本

こんにちは。この記事では、海外塾講師ヒラさんの著書『勉強嫌いでもドハマりする勉強麻薬』を紹介します。この本は、勉強に依存するようになる方法を教えてくれる本です。勉強に依存するとは、勉強することが当たり前になり、勉強になんの抵抗感も持たなく…

『ぼっちな食卓』から脱出する方法-家族の食事が人生を変える

こんにちは、このブログにお越しいただきありがとうございます。私は本が大好きで、読んだ本の感想やおすすめを書いています。今回は、岩村暢子さんの「ぼっちな食卓-限界家族と「個」の風景」についてご紹介したいと思います。この本は、20年にわたって日本…

『妻はサバイバー』の感想と学び。精神疾患を抱える家族と向き合うために必要なこと

こんにちは。今回は、朝日新聞記者の永田豊隆さんが書いた『妻はサバイバー』(朝日新聞出版)という本を紹介します。この本は、摂食障害、アルコール依存症、そして40代で認知症になった妻の闘病を、夫である著者が20年にわたって見守り、介護し、記録した…